少し前のこと。
鎌倉スワニーに用事があって 鎌倉へ。
いつも行くリュミエールさんが臨時休業で、ショック。

気を取り直して 近くにあるブレッドコードへ。

d0361258_12064855.jpg

ほんとに趣のある外観ですよね。



ミニ食パン。プレーン。

d0361258_12063115.jpg

これを焼きたてでほおばるのが美味しいのですが
この日は焼き立てはなくて残念。



d0361258_12063441.jpg

こむぎの味。




次はお初のラフォーレ・エ・ラタブール。

d0361258_12070104.jpg
d0361258_12102744.jpg
かわいいお店。



d0361258_12070900.jpg
目の前で 生ハムのサンドが売り切れる悲しさ。
あ~・・


d0361258_12115587.jpg

こちらはコーントマト。


キメが細かくて、ふんわり。
そのままだとちょっと物足りないけど、
チーズを乗せたらおいしいだろうなぁと思ったパン。



このあと寄ったみゆきぱんさんにもふられ
なんだかついてない日でした(笑)

小さなパン屋さんは開いている日が少なかったり
臨時休業だったりってことが、たまにありますね。






どんまい!と思ってくださった方
いいね!マークのクリック お願いします。

d0361258_22564766.png











[PR]
by nakomimi33 | 2017-09-24 12:03 | Bread Code byrecette | Comments(0)

しばらく他ブログで書いていた過去記事になります。


Bread Code By Rucetteの店舗情報

住所 神奈川県鎌倉市坂ノ下22−23
電話番号 0467-53-7307
ホームページ http://bread-code.com/
営業時間 10時~17時(※売り切れ次第終了)
定休日 不定(HP上に告知)

日本産の原材料でつくる日本のパン屋さん

d0361258_22552363.jpg

最高級のパンをネットで通販するルセットが、より日常的なパンを提供する目的で
作ったのが、このブレッドコードです。よりリーズナブル値段での提供になっていますので、
とても人気があります。

といっても、ルセットの姉妹店ですから、ただのパン屋ではありません。日本産に
こだわったパン作りをしています。原材料は小麦が北海道産キタノカオリ、酵母が
秋田県産白神こだま酵母、塩が大島産自然海塩、砂糖が喜界島産さとうきび糖、
バターも国産バターを使用しています。世界に通用する日本標準のパンをつくり、
評価を得ようと、取り組みが続けられています。

食パン専門店が自信をもって提供する5つのパン

ブレッドコードは、食パン専門店です。現在、提供されているのは、以下の5つの食パンです。
  • Special Premium Bread ふんわり系食パン、そのままおいしい
  • 鎌倉食パン(一般的な食パンに近い、ふんわり甘めな食パン)
  • 星の井食パン(ふんわり感がより強い、とろける夢の食パン)
  • Premium Bread もっちり系食パン、焼くとおいしい
  • 食パン山型プレーン(もっちり感が強い、みみがおいしい食事系の食パン)
  • 食パン角型プレーン(山型プレーンと同じ生地、生地目がより細かい食パン)
  • 食パン角型リッチ(もっちりバター入り、モッチリ感はプレーンより少ない
d0361258_22552446.jpg


鎌倉の街のたたずまいに漂う香ばしいかおり

海沿いの道から一本入ったところに、ちょっと古民家風でありながら、洗練された
デザインのお店があります。その外観からもこだわりが伝わってきます。変わらない
伝統を大切にしながら、あくまでも先進的な取り組みを続け、さらによい食パンを極めたい、
という思いが、鎌倉の街にもぴったりです。

d0361258_22552409.jpg


Bread Codeへのアクセス



  • 江ノ島電鉄線「長谷駅」より徒歩約5分


[PR]
by nakomimi33 | 2017-05-18 20:15 | Bread Code byrecette | Comments(0)

しばらく他ブログで書いていた過去記事になります。


鎌倉にある有名な食パン専門店
Bread Code by recette(ブレッドコード)。

車を降りると 小麦のたまらなくいい香りがします

d0361258_22551887.jpg


おしゃれな外観。

ブレッドコードはこれが日本のパンと言われるようなパンを
作るという想いが込められているようで
材料にこだわっているのがわかります。


こちらはラインナップ。
d0361258_22551874.jpg

プレミアムブレッドの角食 プレーンとリッチを買いました。


こちらはプレーン(400円)。
d0361258_22551925.jpg

ななめラインの型に バターを塗って焼いているそうです。


男前の断面
d0361258_22551921.jpg

下はこんがり焼き色が付いています。


こちらはリッチ(440円)
d0361258_22552089.gif

d0361258_22552036.jpg

生地にバターが練り込まれています。



プレーンより決めが細かいの分かりますでしょうか。

d0361258_22552140.jpg



プレーンとリッチを比べてみます。
右がプレーンで左がリッチ。
d0361258_22552138.jpg



底はどちらもこんがり焼けています。
d0361258_22552280.jpg



うしろ
d0361258_22552239.jpg



断面
d0361258_22552221.jpg

カットはしてないので 頑張りました。
4枚より薄く切るのは難しい・・・


プレーンを焼いてみます。
d0361258_22552349.jpg

甘みがあって ほんのりバターの香り。

クラムが詰まっていて もっちり。
天然酵母のパンらしく がすがすというかザクザクした食感。
クラストはハードでわたし好み。

次はリッチと思ったら
なんとトーストの写真を撮り忘れる失態。

一口かじるとプレーンとは全然違う。
水分を含んだしっとりした食感で クラスともさらにハードでおいしい。
ただバターの香りが強い分 後味がちょっとしょっぱかった。

これだけ書いておきながら 実は天然酵母の食パンのトーストは
あまり好きではないので それほどツボって感じではなかったけれど
食べ歩き用に買った小さな山型パン(250円)は本当に美味しかった!
モチモチで 小麦の甘みがしっかり感じられて一気に食べちゃいました。
トースト派ですが こちらの食パンは焼かないで食べるのもいいかもしれません。



[PR]
by nakomimi33 | 2017-05-18 09:01 | Bread Code byrecette | Comments(0)


しばらく他ブログで書いていた過去記事になります。

ブレッドコードに二度目の訪問。
今回のお目当てはミニ食パンと鎌倉食パン。

ミニ食パンが売り切れていたので
強引に鎌倉食パンでこんな写真を




d0361258_22551564.jpg

まだ温かいです。


こちらはブレッドコードの
スペシャルプレミアムブレッドの鎌倉食パン(615円)です。
d0361258_22551524.jpg

しっかりとしたみみに包まれているので
切りやすく 上手でしょう?



断面。
d0361258_22551635.jpg

パンを焼かないのでわからないけれど
天然酵母の方が気泡が大きくなるのであってますか?


下のみみ。
d0361258_22551630.jpg

おー!!ハード!!

見た目かなりタイプです。



乳成分は牛乳と電話で確認したのですが
焼くとトースターからバターの香りが漂ってきて
一口食べると 乳製品がたくさん入っている気がしたので
再度問い合わせると 牛乳と練乳とバターが入っているそうな。

アレルギーのある人にとっては
成分の開示がないと または成分表示のシールが貼ってないと
かなり心配なのです。
・・・というわけで少しだけ食べました。


上のみみは
d0361258_22551765.jpg

ふかふか。
横はサクサク。


タイプの下のみみ。
d0361258_22551728.jpg

いやぁ~ 実に美しい
d0361258_22550701.gif


見た目の通り サックサクです。



クラム。
d0361258_22551744.jpg

水分の多いしっとりとした食感。
ふわふわであまーい!!
ブリオッシュを連想させます。



d0361258_22551842.jpg

とってもリッチな生地の鎌倉食パン。
私はこちらでは角食のプレーンの方が
シンプルで好きでした。



[PR]
by nakomimi33 | 2017-05-16 18:52 | Bread Code byrecette | Comments(0)